カテゴリー別アーカイブ: 健康

葉酸をとるにはサプリメントがお手軽

妊活中や妊娠中には葉酸の摂取が推奨されていることはご存知でしょう。
妊活中の体調管理をするのに適したサプリと言えば、特に葉酸を含んだサプリだと言えます。
なぜかというと、食品にも葉酸は含まれているのですが、1日に必要とされる量を取るのは非常に難しいからです。
だから、1日に必要な量の葉酸が含まれたサプリメントが良いという訳です。

葉酸が持つ効果としては、貧血を予防してくれる効果が認められていますねし、赤ちゃんが先天的な障害を負う可能性を抑えてくれますし、ほかにも、あまり知られていませんが、男性の精子の染色体異常を軽減してくれる効果があります。

ですから、赤ちゃんを計画しているご夫婦にとって是非摂取していただきたいサプリだと言えますね。妊婦にとって葉酸は欠かすことの出来ない栄養素だといわれているのですね。しかし、この大事な葉酸を適切に摂取できなかったとしたら、赤ちゃんの成長に、どう影響するのでしょう。葉酸の摂取によって正常な細胞分裂が促されるといわれているため、これが赤ちゃんに不足してしまうと、先天性の障害などを発症するリスク(会社経営などではしっかりとマネジメントすることが大切です)が高まるという研究結果が報告されました。

また、ダウン症予防の有効性も認められているので、摂取をオススメします。

妊活中の方にご一読していただきたいのですが、この時期の女性にも葉酸の摂取が、厚生労働省により勧告されている事をご存知ですか?細胞分裂が行なわれる、妊娠初期に葉酸が不足してしまうと、赤ちゃんが、先天的な障害(神経管閉鎖障害など)を発症するリスク(会社経営などではしっかりとマネジメントすることが大切です)が高くなるという話があります。
持ちろん、葉酸を摂取したら確実に発症を回避できるのかと言うとそうではありません。

ですが、可能な限りそのリスク(会社経営などではしっかりとマネジメントすることが大切です)を低減するために、妊娠前から妊娠初期にかけての期間は、日常的な食事のほかに、1日に400μg(0.4mg)の葉酸をきちんと摂取できるように、栄養補助食品による補給がオススメです。
http://xn--o9j0bk9rod0d4c9c2dw143izk4a.com/

妊娠における体の変化や胎児の健やかな発育をサポートする栄養素として、最近では葉酸摂取による効果が認められるようになってきました。葉酸は、ビタミンのひとつです。その効果は適切に摂取をつづけることで、赤ちゃんが神経系障害を発症する可能性が下がるという事が明らかになっていますね。
1日に摂る葉酸の推奨される摂取量ですが、厚生労働省によると、一日当たり0.4mgの葉酸の摂取が最も効果的であると勧告していますね。胎児の健康を考えて、妊娠している女性は持ちろんですが、今妊娠を希望されている方であっても、積極的に葉酸を摂るよう、意識してみましょう。一度目の妊娠の時、流産してしまいました。とても悲しくて、しばらくおこちゃまのことは考えられなかったのですが、1年くらい経ってもう一度、チャレンジしてみようと妊活について調べるようになりました。サプリ等で栄養を補給することは持ちろん、妊娠に適した体を作るために、冷え性を治そうとまず運動で、体を変えてみようと思いました。