カテゴリー別アーカイブ: 美容

フェイシャルエステと美白の関係

継続して顔専用のマッサージを例えば毎月行ってもらうと、フェイスラインのふくよかさや、酷い二重あごについてもクリアにできます。もちろん肌にとっても新陳代謝の向上に繋がることもあってか、美しい肌をもたらす効能は相当あると見受けられます。

因みにエステというのは、元祖はナチュラルケアから成り立っていて、あらゆる新陳代謝を活発化し体本来の機能をも発達させる役割をこなす、五体における美容技術になります。休養の意味でも有用なのです。

一般的にエステサロン選びで間違った選択に至らせないより良い方法は、行ってみてケアしてもらった人からの感じたことを尋ねるのがいいと思います。それば難しいというなら、口コミを見るのがひとつの手段になります。

もともとフェイシャルエステとは、まさに「顔限定エステ」だという意味です。一般的に考えて「顔専用のエステ」と言えば、対するお顔を正常にすることに固執しがちではありますが、効力はもっと他にもあるのです。

それが酷いものでなくてもシワ及びシミ、くすみ、肌のピンと張ったハリツヤの無さなど、昔の清らかであった自分自身との開きを気に掛けて、毎日の生活を鬱々として積み重ねるのであれば、さっさとアンチエイジングにトライすべきです。

フェイシャルエステでは小顔にする以外にも、美白のプランを用意していることもあります。
自分では対処できないようなシミのケアなどはフェイシャルエステの美白コースを試してみるのが良いでしょう。
美白におすすめのフェイシャルエステについてはこちら

お試しプランにはフェイシャルだけでなくボディケア、脱毛コースなどいろいろなものがあります。
お試しプランで確認できるのはエステの効果、お店の雰囲気、接客態度など様々です。
今時はエステサロンでは初回の安い体験プランを設けているサロンが増えています。
本コースのプラン料金は安くないですが体験プランなら非常にお得な価格で受けられることが一般的です。
エステのプランを申し込む前に体験プランでその効果を確認するのが良いでしょう。

横浜で両脇の脱毛をしたい

医療レーザー脱毛は痛いという話をよく聴きますが、本当の話でしょうか?
ハッキリ言うと、脱毛サロンでのケアよりは痛いです。
それは脱毛方法の違いによります。
医療レーザー脱毛と脱毛サロンの光脱毛では、仕組み自体は同じです。
光を照射すると黒い毛に反応して脱毛するというものです。
しかし、その光の強さが違います。
医療レーザー脱毛の光の方が強いエネルギーをもっているため、痛みが強くなります。
あまりに痛くて途中でやめる人もいます。
それに比べて、脱毛サロンでの光脱毛は、光の出力が弱いため痛みもほとんどありません。
そのため、最近人気が高いのは脱毛サロンでの光脱毛になります。

脱毛サロンで多くの人が処理する部位のナンバーワンと言えば、両脇です。
確かに薄着になった時に気になるのはワキのムダ毛ですから。
それで両脇の脱毛を安価で提供しているサロンが多いです。
しかし、他の部位が高いこともあるのでチェックが必要です。
横浜には多くの脱毛サロンがあるので、どこが良いのか迷いますね。
横浜でおすすめの脱毛サロンを知るにはこちらを調べてください。
人気のある横浜の脱毛サロンの特性は、脱毛の効果が高くて、高い技術力と接客マナーの良さを身につけたスタッフがいることです。
それに加えて、料金が安ければいうことはありませんね。

全身脱毛でおすすめの脱毛サロンはどんなとこ?

脱毛サロンへ通うなら、まずはお試しコースなどから始めるのが良いでしょう。
多くの脱毛サロンでは、ワキ脱毛のお試しコースなどがあります。
脱毛する箇所で代表的なのが脇です。
ワキ脱毛の体験プランなどはとても低価格です。

もう1つのタイプとしては、全身脱毛が月額制のものがあります。
このタイプのものは、最初の1ヶ月や2ヶ月が無料になるサロンが多いです。
全身脱毛でおすすめの脱毛サロンを探すならこちらが参考になります。

カミソリでの自己処理は色素沈着が起こる可能性もあるため、脱毛するのでしたらしっかりと施術をしてくれる脱毛サロンがおススメです。
自己処理のリスクはいくつもあります。
例えば、カミソリを使うと簡単にできますが、一週間に何度も剃らないと、ムダ毛がすぐに生えてくるので、処理が大変です。
しかも、カミソリの刃により肌トラブルの原因になる場合もあります。
肌が弱い人は、カミソリ負けをしてしまって肌に良いことがないです。

もし、脱毛サロンでの長期契約をする際は、注意をすることが大切です。
例えば、同じような他の脱毛サロンで少し体験してみてから判断してもいいでしょう。

VIOの脱毛について

VIOの脱毛をするならどの脱毛サロンが良いのか?
まず、VIOだけするのか、それとも他の部位もしたいのか?
もしVIO以外も色々としたいのであれば、その数によって全身脱毛の方がお得になることもあります。
そうであれば全身脱毛エステがおすすめです。
それにVIOは痛みを感じやすい部位なので、痛みの少ない脱毛を行っているサロンでやるのがおすすめです。
光脱毛はレーザー脱毛などよりも痛くないと言われていますが、それでもVIOは敏感な部分なので痛いこともあります。
だから光脱毛の中でもより痛みの少ない方法がいいのではないでしょうか。
Oラインは肛門周りの毛で、多くの人はIラインと同時に処理します。
自分で見ることはなかなかない部位ですが、最近Oラインの脱毛を希望する女性が増えているようです。
VIO脱毛でまず処理しておきたいのがVラインで、三角型に脱毛することで小さめのかわいい下着を身に着けてもはみ出す心配がありません。
安心して水着を着ることができます。
VIO脱毛は、主に際どい水着や下着を着れるという理由でする人が多いのですが、デリケートゾーンを清潔に保てるというメリットもあります。

ダメージヘアの悩みにはどんなシャンプーが良い?

気がつくと髪の毛が傷んでいるという女性は多いと思います。
パーマやカラーリングのし過ぎ、シャンプーが合っていない、紫外線のダメージ、摩擦のトラブルなど、髪の毛は色んなダメージを受けています。
また、頭皮がかさついて痒い、フケが出るというような頭皮トラブルもありますよね。
ダメージヘアの悩みにはどんなシャンプーが良いのでしょうか。
ダメージヘアにオススメのシャンプーは、アミノ酸シャンプーです。
http://xn--t8j4aa4n5f0ewgxc7czb7l8d0304m.net/
アミノ酸シャンプーの主成分であるアミノ酸は、人間の体と同じ成分です。
人間の体から水分を除いて考えれば、ほとんどがたんぱく質です。
たんぱく質はアミノ酸がつなぎ合わさって構成されています。
石油系シャンプーやアルカリ性の石けんシャンプーを使うより頭皮や髪の毛に優しいということが分かりますよね。
洗いあがりもマイルドで、余分な皮脂まで落としてしまいませんから、頭皮トラブルを防ぐこともできます。
石けんシャンプーは、髪の毛がアルカリ性になって洗い上がりがきしみます。
アミノ酸シャンプーは、洗い上がりがマイルドできしまないので使用感もとても良いです。

甘やかさないほど、肌はきれいになる!

湿度が40%あるとだいぶ肌の調子がいいですね。

肌にとっては50%以上あったほうがうるおいをキープできます。とはいえ、
湿度が低い環境になると肌はバリア機能を厚くして対応するので乾燥しません。

保湿クリームで肌を甘やかすのはいけないとよくいわれるんですが、それって
そうした働きのことなのかな?と思います。環境にあわせて肌は変わるので、
そんなに過保護にしなくても大丈夫だってことです。

日本人のスキンケアは特に過保護だといわれていますよね。触りすぎるから
炎症がおきて肌が汚くなっているということが多いそうです。

参考:スキンケアしない美肌術

確かにあれやこれやとスキンケアしている人にかぎって肌は汚い気がします。
だいたい肌のきれいな人は何もしてないという人が多いですしね。

とはいえ、一番の要因はやっぱり遺伝だと思います。きれいな肌は遺伝します。
なので、きれいなお母さんから生まれた子はやっぱり肌はきれいです。

韓国の人は女性はブスですが、肌はきれいですからね。

スポーツ選手の健康管理とサプリ

老けたくないものだなーと思います。

しかし、若返りということが今現在は不可能なので、いかに健康的に老いていくかが重要だと
思っています。そのためにはやはり毎朝起きたときの意欲がないとダメです。

今年で48歳になったキングカズなんかはいい例ですよね。たぶんサッカーが好きで仕方ない
という感じなんだと思います。少年のようですから。ああいう気持ちの若さが大事でしょう。

それからサッカー選手の場合はかなり食べ物にも気を付けていると思います。チームに多分、
専属の栄養士なんかがいて、その人達が栄養管理を行ってくれていると思うんですね。

アミノ酸を飲めとか抗酸化成分を摂取しろとかいわれているだろうし、いい奥さんがいれば
体調管理のための食生活を考えてくれているだろうと思います。確か稲本選手は抗酸化成分の
サプリを飲んでいたはずです。

抗酸化成分って?⇒フィトケミカル大解剖SP

スポーツ選手は激しい運動をする分、体内で発生する活性酸素が多いです。あと食事量も
多いと思うので、それでもやっぱり活性酸素が多く発生するわけです。となるとですよ、
酸化して身体が老化すれば引退時期も早まるし、ケガもしやすくなるわけです。

だから食事+サプリというのが必須になるんだと思いますね。

炎症という肌トラブルを考える!

肌にとって一番よくないことというテーマで考えたんですが、炎症について
ちょっと知っておかないといけない理由がある気がしました。

炎症というと肌荒れがあると思うんですが、外部刺激の影響で炎症をおこして
しまうというのが一般的です。何らかの摩擦があったということですよね。

肌のバリア機能が低下しているほど摩擦が起きやすいので炎症しやすいと
いえると思います。敏感肌の接触性皮膚炎とかアトピー性皮膚炎なんかも
あります。

それから過酸化脂質による皮脂による炎症もあって脂漏性皮膚炎なんかも
炎症といえるのではないかと思います。いかがでしょうか?

そして忘れてはいけないのがニキビの炎症です。多分一番ポピュラーですよね。
毛穴に増えすぎたアクネ菌と白血球が衝突し、活性酸素も混ざって大炎症します。

周辺の皮膚組織を傷つけるのでニキビ跡が残ってしまいます。
>>ニキビ跡の色素沈着に小林製薬アットノンを使うと?

炎症を起こした肌はまずは鎮めることが大事で医薬品を使うケースも多いです。
そこまで大したことがないならハトムギエキスとかドクダミとかそのあたりが
配合されている化粧水で充分なんですけどね。

白い肌を維持するための美白ケアの方法

とあるサイトに書いてある通りにメールで注文したらエラーが返ってきました。
どうやるすでに使えないメールアドレスになっているようでした。

使えないわーマジで。

ということで何を注文したかというと日焼け止めです。さすがに日差しが日差しなので
そろそろ準備しないとということで注文しました。ドラッグストアで買ってもよかった
んですけどね。

そんなわけで最近はアットノンという商品も気になっています。知ってますか?

これは肌の新陳代謝を促進してくれる医薬品です。そのため沈着してしまったメラニンに
効果があるということでシミ対策にも使えると評判なんですね。

シミができてしまったら漂白作用のある美白成分(ハイドロキノンが有名)と代謝を促す成分
(トレチノイン)の2方向からのアプローチが効果的なんですが、トレチノインは化粧品には
配合されていないんですよね。

トレチノインの化粧品用成分であるレチノールを使ってもよかったんですが、化粧品よりも
医薬品であるアットノンのほうがいいような気がするんですよね。

詳細>>排出美白×還元美白がシミに効く

というわけで、加齢により肌のターンオーバーも遅れてきますから普段のスキンケアで
代謝をサポートしてあげることも必要になってくるわけです。白い肌を維持したいなら
頑張りましょうね。

女性の一生はホルモンから逃げられない!

女性の一生というのはホルモンバランスの変動との戦いでもあります。

闘いというと大げさですが、付き合っていかないといけないということですね。
男性の場合、思春期の男性ホルモンの増加と50代以降の男性ホルモンの減退ぐらいしか
ホルモンバランスを意識する機会はありません。

しかし、女性は毎月です。体調を崩したり、肌の調子が悪くなったり大変です。
さらにエストロゲン依存性の問題もあって子宮筋腫とかにもなりやすいので
もう罰ゲームみたいなもんですよ。

人によっては生理痛で毎月、死にそうになっているという人も多いはずです。生理休暇も
日本の会社では取りにくいですからね。痛みに耐えている人も多いはずですよ。

なぜ痛くなるの?⇒生理痛のしくみと原因:生理のお悩み解決ガイド

とにかく痛みを緩和するには血行をよくするしかないようです。それからお腹を冷やさない
ということもとにかく大事みたいです。スカート履いて足を出している場合じゃないってことですね。

あまりにひどい場合はロキソニンを飲むのではなくてピルを飲んだほうがいいです。